ここから本文です

空前の日本語ラップブーム到来! TSUTAYAにて「みんなのラップ」コーナー展開

Billboard Japan 10/18(火) 12:10配信

 雑誌『SWITCH』の日本語ラップ特集の発売を記念して、全国のTSUTAYA・蔦屋書店の音楽レンタルコーナー約1,300店舗にて、2016年10月19日より「みんなのラップ」コーナーが展開される。

 今から30年前の1986年、のちに“初の日本語ラップアルバム”と呼ばれることになる『建設的』をいとうせいこうがリリースしたことを皮切りに、約10年周期で日本語ラップは盛り上がりを見せてきた。そして2016年、『フリースタイルダンジョン』の地上波放送をきっかけに、誰も予想しなかった規模のMCバトルブームが起き、その勢いは世間一般に波及している。本特集には、新世代ラッパーからレジェンドまで、ラッパー100人以上が登場する。

 そして「みんなのラップ」コーナーでは、同誌に登場したアーティストの中からTSUTAYA音楽チームが選んだおすすめのHIP HOPアルバムを展開し、一部店舗では雑誌『SWITCH』も同時展開。また、TSUTAYAの音楽好きスタッフがキュレーターとなりリコメンドする音楽レコメンドサイト「TSUTAYA MUSIC PLAYLIST」(通称:ツタプレ)とも、今後連動されていく。

◎雑誌『SWITCH 』Vol.34 No.11(2016年11月号) 
2016/10/20 PUBLISH
みんなのラップ HIP HOP<We've Got>/900円(税別)

◎T-SITEニュース「みんなのラップ2016」
特集ページ: http://bit.ly/2djyCMS

最終更新:10/18(火) 12:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]