ここから本文です

エマ・ワトソン主演、実写版『美女と野獣』2017年4月日本公開決定!

クランクイン! 10/18(火) 7:00配信

 全世界が待望するディズニー・アニメーション『美女と野獣』の実写映画版が、アニメ版公開から25周年目という節目の年である2017年4月21日に日本公開することが決定した。ヒロインのベルは、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが務める。

【関連】「エマ・ワトソン」フォトギャラリー


 ディズニーの数ある名作の中でも、代表作品といえる『美女と野獣』。アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネートという快挙を成し遂げ、また作曲賞と歌曲賞を受賞し、ストーリー、音楽、芸術性と映画として高い評価を得ている。

 知性に溢れ、心美しい主人公のベル役を務めるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン。監督は、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル『ドリームガールズ』や『シカゴ』を手掛けたビル・コンドン。本作の最大の魅力である音楽やミュージカルパートの演出がどのように実写化されるのか期待が高まる。

 また、今回解禁となったファーストビジュアルには、雪が舞う中、霜が降りたガラスケースの中に咲く、ひときわ美しい深紅のバラが一輪描かれている。

 『白雪姫』には“真っ赤なリンゴ”、『シンデレラ』には“ガラスの靴”というように本作を象徴し、また物語の重要なアイテムとなるのがこの“一輪の深紅のバラ”。寒々しく儚さも感じられるこのビジュアル、このバラがどのようにストーリーに関わってくるのか、世界から熱い視線が注がれている。

最終更新:10/18(火) 7:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]