ここから本文です

9月の首都圏マンション、新規発売は前月比74.2%増の3,424戸、不動産経済研究所

SUUMOジャーナル 10/18(火) 11:24配信

(株)不動産経済研究所(東京都新宿区)は10月17日、2016年9月度・首都圏と近畿圏の「マンション市場動向」を発表した。
■首都圏
2016年9月の新規発売戸数は3,424戸。対前年同月(2,430戸)比40.9%増、対前月(1,966戸)比74.2%増。地域別発売戸数は東京都区部1,273戸(全体比37.2%)、都下510戸(同14.9%)、神奈川県940戸(同27.5%)、埼玉県416戸(同12.1%)、千葉県285戸(同8.3%)。東京都のシェアは52.1%。

新規発売戸数に対する契約戸数は2,466戸で、月間契約率は72.0%。前月の66.6%に比べて5.4ポイントアップ、前年同月の66.0%に比べて6.0ポイントアップ。地域別契約率は都区部66.8%、都下79.2%、神奈川県83.3%、埼玉県62.5%、千葉県58.9%。

1戸当り平均価格、1平米当り単価は、5,578万円、78.6万円。2016年8月は5,662万円、79.8万円だったので、前月比総額では84万円(1.5%)のダウン、平米単価は1.2万円(1.5%)ダウン。

9月の地域別平均価格、1平米当り分譲単価は、東京都区部6,849万円、98.6万円。都下4,590万円、62.7万円。神奈川県5,451万円、76.1万円。埼玉県4,125万円、59.8万円。千葉県4,201万円、56.9万円。

即日完売は203戸(全体の5.9%)で、【フラット35】登録物件戸数は3,337戸(同97.5%)だった。

■近畿圏
(調査対象地域=大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の2府4県)

2016年9月の新規発売戸数は1,870戸。対前年同月(1,798戸)比72戸、4.0%増、対前月(1,238戸)比632戸、51.1%増。地域別発売戸数は大阪市部817戸(全体比43.7%)、大阪府下369戸(同19.7%)、神戸市部77戸(同4.1%)、兵庫県下180戸(同9.6%)、京都市部160戸(同8.6%)、京都府下81戸(同4.3%)、奈良県56戸(同3.0%)、滋賀県34戸(同1.8%)、和歌山県96戸(同5.1%)。

新規発売戸数に対する契約戸数は1,274戸で、月間契約率は68.1%。前月の73.8%に比べて5.7ポイントのダウン、前年同月の67.9%に比べて0.2ポイントのアップ。地域別契約率は大阪市部71.2%、大阪府下72.6%、神戸市部50.6%、兵庫県下58.9%、京都市部50.6%、京都府下86.4%、奈良県48.2%、滋賀県100%、和歌山県69.8%。

1戸当り平均価格、1平米当り単価は、4,159万円、61.4万円。前年同月比は戸当り価格は4カ月連続のアップ。平米単価は2カ月ぶりのアップ。2016年8月は3,913万円、56.2万円だったので、前月比総額では246万円(6.3%)のアップ、平米単価は5.2万円(9.3%)のアップ。

9月の地域別平均価格、1平米当りの分譲単価は、大阪市部3,811万円、66.2万円。大阪府下4,284万円、55.7万円。神戸市部4,674万円、65.5万円。兵庫県下4,360万円、57.0万円。京都市部5,941万円、79.7万円。京都府下3,761万円、49.6万円。奈良県4,036万円、50.8万円。滋賀県3,616万円、47.8万円。和歌山県3,486万円、48.3万円。

即日完売物件は230戸(全体の12.3%)、【フラット35】登録物件戸数は1,449戸(同77.5%)だった。

ニュース情報元:(株)不動産経済研究所 首都圏、近畿圏

ニュースSUUMO

最終更新:10/18(火) 11:24

SUUMOジャーナル