ここから本文です

WEAVER、対バンイベントを初の台湾で開催!「ようやく夢を叶えられる時がきました」

RO69(アールオーロック) 10/18(火) 21:00配信

WEAVERが2016年12月10日(土)に台湾で対バンイベント「WEAVER×HUSH ~Music Holiday Special Live in Taiwan~」を開催することを発表した。

WEAVERにとって台湾での対バンイベントは初となり、ゲストには台湾のニューカマーアーティスト・HUSH、2012年に結成されたデュオ・慢慢說(マンマンシュオー)をオープニングアクトに迎えて開催する。

今イベントは2016年12月14日(水)になんばHatch、2016年12月18日(日)に恵比寿ガーデンホールで開催される対バンツアー「WEAVER『Music Holiday vol.1 ~対バン始めました~』」のスペシャルライブとなる。イベント開催にあたってメンバーからは以下のコメントが寄せられている。

-------------------------------------------------------------
【杉本 雄治(Piano & Vocal) コメント】
今回台湾でライブ出来ることをとても嬉しく思います。
WEAVERはシンガポール、タイ、インドネシアとアジア各国でライブする機会が多く、アジアで僕らを応援してくれるファンの方も出来ました。
その中でもまだ行ったことのない台湾の方からお手紙を頂くことも増え、なかには日本で行ってるツアーにたくさん来てくれる方もいます。
それと同時に僕たちも台湾でライブをしたい思いが募り、今回ようやくその夢を叶えられる時がきました。
HUSHは今回台湾の方と一緒にライブをしたいという話の中で紹介していただき初めて知りました。
音源や映像を観させていただき、本当に歌を大事に作ってるという印象を受け、それを包む音の世界観が美しく深みがあり、
WEAVERの作る音楽ともすごく共鳴する部分があるんじゃないかとすぐにオファーさせていただきました。
これを機に台湾の1人でも多くの方にWEAVERの音楽を楽しんでもらえたらと思います。

【奥野 翔太(Bass & Chorus) コメント】
HUSHの音楽を聴いて、歌のメロディを大切にしていること、たとえ言葉がわからずとも良いと思えるポテンシャルを秘めた音楽、といった理念を感じました。そしてそれはWEAVERが常日頃、音楽を作る際に意識していることと強く通ずるものがあります。このアーティストなら初めての台湾公演でも素晴らしいコラボレーションが出来るんじゃないかと思い、オファーを出させていただきました。

【河邉 徹(Drum & Chorus) コメント】
HUSHの歌声を初めて聴いた時に、言葉はわからなくとも、彼の歌に心を奪われました。
けだるさのある歌声の中に、芯のある、強い意思の光を感じました。
国や言葉の境を越えて、一緒に多くの人を巻き込んで幸せなライブを作れる、素晴らしい音楽の仲間になれるのではないかと思いました。
-------------------------------------------------------------

チケットの一般発売は2016年10月29日(土)11:00~(台湾時間)で、海外購入も可能となる。

ライブ情報は以下のとおり。

●ライブ情報
「WEAVER×HUSH ~Music Holiday Special Live in Taiwan~」
2016年12月10日(土)
台湾・CLAPPER STUDIO
OPNE 19:00 / START:19:30
ゲスト:HUSH/慢慢說(Opening Act)
会場HP:https://www.syntrend.com.tw/
チケット発売日:2016年10月29日(土)11:00~(台湾時間)
チケット金額:1500元
プレイガイド:FAMITICKET
https://www.famiticket.com.tw/
※海外購入が可能です。

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/18(火) 21:00

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]