ここから本文です

値ごろ感、地物を強化 香林坊大和、歳暮商戦キックオフ

北國新聞社 10/18(火) 3:37配信

 金沢市の香林坊大和で17日、歳暮を中心とした冬ギフト商戦のキックオフイベントが行われた=写真。12月4日までに申し込むと最大15%引きとなる早割商品を950点に増やし、好きな地元産品を三つ選んで組み合わせる「北陸こづつみ」の選択肢を48点に拡充した。値ごろ感と地元産品をテーマに商戦を展開する。

 全1600点のうち、地元産商品は約2割を占める。例年は1割強にとどまっていた。クリスマスケーキやおせち料理の提案も強化する。

 島田純一店長が「地元のお客さまのご愛顧に感謝し、全従業員が心を一つにしてご要望にお応えしましょう」と呼び掛けた。地元料理屋のかぶらずしや、若い客層の取り込みを狙った有名パティシエのアイスやケーキなどのおすすめ商品が紹介され、ガンバロー三唱した。

 8階ギフトセンターは11月3日に設け、商戦全体の売り上げ目標は前年比2%増とする。

北國新聞社

最終更新:10/18(火) 3:37

北國新聞社