ここから本文です

野々市市に小型店開業 アルビス明倫通り店内に大和

北國新聞社 10/18(火) 16:03配信

 大和(金沢市)は18日、野々市市堀内4丁目の「アルビス明倫通り店」内に小型店「野々市サテライトショップ」をオープンした。初日は通常より2時間早い午前8時からの営業となり、野々市だけでなく旧松任地区や金沢南部からも客が押し寄せて約1千人(アルビス発表)が列になって店舗をぐるりと囲み、一時は入店を制限するほど盛況の幕開けとなった。

 野々市サテライトショップは、商品約3千点のうち7割が輸入食品や国内外の有名菓子、地酒などの食品で、3割はデザイン性にこだわったエプロンや食器、カジュアルな婦人服、バッグといった雑貨になる。

 期間限定販売のコーナー「ウィークリースイーツ」「ウィークリーメッセージ」ではルートートのバッグやパステルのなめらかプリンが並び、買い物客の関心を集めた。島田純一店長は「初日から若いお客さまが多く、百貨店目線でセレクトした普段使いの商品を提案したい」と話した。

 開店前のセレモニーでは、粟貴章野々市市長、大和の村田雅光常務・営業本部長、アルビスの大森実社長らがテープカットした。

北國新聞社

最終更新:10/18(火) 16:06

北國新聞社