ここから本文です

リヴァプール、今季初の完封も勝ち切れず マンUとホームでスコアレスドロー

SOCCER KING 10/18(火) 18:01配信

 プレミアリーグ第8節が17日に行われ、リヴァプールとマンチェスター・Uが対戦した。

 リヴァプールは第7節を終えて5勝1分け1敗、勝ち点「16」と順調にポイントを積み上げている。国際Aマッチウイークによる中断前のリーグ戦では4連勝と調子を上げていた。ホームで迎える今節では、フィリペ・コウチーニョやジョーダン・ヘンダーソン、ダニエル・スタリッジらが先発メンバーに名を連ねた。

 一方、4勝1分け2敗のマンチェスター・Uは、GKダビド・デ・ヘアやポール・ポグバ、イブラヒモヴィッチ、マーカス・ラッシュフォードが先発出場。フアン・マタやウェイン・ルーニーらはベンチスタートだった。

 マンチェスター・Uは開始6分、敵陣中央で得たFKをイブラヒモヴィッチが直接狙ったが、距離のあるシュートは枠を大きく越えた。13分にもポグバがミドルシュートを放ったものの、枠を外れている。17分にはイブラヒモヴィッチがペナルティーエリア手前でパスを受けて左足シュートを放つも、枠の左へと飛んだ。

 互いに決定機を作れない、拮抗した展開。25分にはラッシュフォードが右サイドからクロスを上げたものの、中央の選手には合わず。ファーサイドへと流れていった。結局、前半は0-0で終了した。

 54分、マンチェスター・Uはポグバが右サイドからクロスを上げてイブラヒモヴィッチがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられない。対するリヴァプールは59分、ペナルティーエリア内で縦パスを受けたエムレ・ジャンがドリブルから左足シュート。決定機だったが、GKデ・ヘアが右手で好セーブを見せ、得点を許さなかった。

 リヴァプールは60分にアダム・ララーナを投入。71分にはコウチーニョがペナルティーエリア左手前から強烈なミドルシュートを放ったものの、またもGKデ・ヘアのファインセーブに阻まれる。

 マンチェスター・Uは77分にルーニーを投入。ゴールを目指したものの、なかなか決定機を作るに至らない。84分には最終ラインの背後に抜け出したリヴァプールのロベルト・フィルミーノがペナルティーエリアに入ったが、シュートの寸前にアントニオ・バレンシアがスライディングでクリア。間一髪でピンチを逃れた。

 試合は0-0で終了。最後まで均衡は破られず、スコアレスドローで勝ち点1を分け合う結果に終わった。リーグ戦では今シーズン初の無失点試合を演じたリヴァプールは勝ち点「17」で4位、マンチェスター・Uは同「14」で7位となっている。リヴァプールは次節、22日にウェスト・ブロムウィッチとホームで対戦。マンチェスター・Uは20日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節でフェネルバフチェをホームに迎え、23日にはプレミアリーグ第9節でチェルシーと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 0-0 マンチェスター・U

SOCCER KING

最終更新:10/18(火) 18:01

SOCCER KING