ここから本文です

ミラン幹部がチェルシー戦を視察 すでにセスク獲得オファーを提示か

SOCCER KING 10/18(火) 17:07配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランが、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスの獲得に動きを見せているようだ。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が17日に報じた。

 同紙によると、ミランの複数の幹部が15日に行われたプレミアリーグ、チェルシーと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとの一戦を観戦するためにスタンフォード・ブリッジ・スタジアムを訪問。ミランが獲得を目指す選手の一人と噂されるセスクの視察に訪れていたと報じられている。なお、セスクは同試合でベンチ外となっていた。

 また、同紙はすでに具体的な動きを見せているのではと報道。来年1月の獲得に向けて、オファーをチェルシー側に提示した可能性も伝えられている。

 イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが左ひざ前十字じん帯の損傷で長期離脱を余儀なくされ、主将を失っているミラン。代役となる選手を探していると報じられており、セスク獲得が実現するのか、今冬に注目を集めることになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:10/18(火) 17:07

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報