ここから本文です

マンUとのスコアレスドローを悔やむクロップ「今日の試合は良くなかった」

ゲキサカ 10/18(火) 13:22配信

[10.17 プレミアリーグ第8節 リバプール0-0マンチェスター・U]

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、17日にアンフィールドで開催されたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦の引き分けに失望している。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

「複雑な気持ちだよ。試合について、私は満足していない。試合自体は興奮するものだった。どちらのチームにもプレッシャーがかかっていたからね。ただ、自分たちのポテンシャルが十分発揮できたとは思わない。それは他の誰でもない私たちの責任だ」

 4連勝中と好調だったリバプールはユナイテッド撃破でさらに勢いをつけたかったが、GKダビド・デ・ヘアの好守もありゴールネットを揺らすことができなかった。「試合の入り方は悪くなかったが、彼らの1対1の守備を打ち崩せるほどの勇気が私たちにはなかった。デ・ヘアにも2回か3回、素晴らしいセーブを決められてしまった」と相手を称えた。

 それでもボール支配率65%とユナイテッドを圧倒していたことは数字が物語っている。「今日の試合はよくなかった。それは事実として受け入れなければ」と最後まで反省の弁が口を突いたクロップ監督だが、「相手にもほとんどチャンスはなかった。これが我々の最初のクリーンシートだ。嬉しかったのはそれぐらいかな」と前を向いた。

最終更新:10/18(火) 13:22

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合