ここから本文です

[関西]首位・阪南大は関大とドロー、関学大が3位後退で大体大が9戦ぶりに2位浮上:後期第7節

ゲキサカ 10/18(火) 14:42配信

第94回関西学生サッカーリーグ1部

 第94回関西学生サッカーリーグ1部の後期第7節が15、16日に各地で行われた。阪南大は関西大と1-1で引き分け、2連勝はならずも首位をキープ。2位の関西学院大は立命館大と1-1のドローで3位へ順位を落とした。大阪体育大は桃山学院大に2-0で勝利し、2連勝。3位から2位へ浮上を果たした。

 阪南大は3位の関西大と対戦。後半15分にMF塩谷仁(2年=磐田U-18)に先制点を奪われたが、同21分に同点弾。FW山口一真(3年=山梨学院)の右CKからDF甲斐健太郎(4年=立正大淞南高)が決めた。試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合った。阪南大は首位を守り、2位・大阪体育大とは勝ち点5差。関西大は4位へひとつ順位を下げた。

 2位の関西学院大は5位の立命館大と1-1で引き分け。大阪体育大を勝ち点1差で下回り、3位へ後退した。第7節以降、2位以上をキープし続けてきたが、11戦ぶりに3位以下へ落ちてしまった。なお、5位・立命館大とインカレ出場圏内の4位・関西大は勝ち点2差となっている。

 相手の4本を大きく上回る18本ものシュートを放った関西学院大だが、勝利はならず。後半9分に失点し、1点を追う展開に。後半35分にMF山本悠樹(1年=草津東)の右CKからFW出岡大輝(4年=G大阪ユース)がヘディングシュートを決めた。しかし追撃は叶わずに、勝ち点1を分け合った。

 順位を上げたのは大阪体育大。9位・桃山学院大に2-0で勝利し、2連勝で2位へ浮上。首位の阪南大を勝ち点5差で追う。敗れた桃山学院大は2連敗で10位へ下げた。

 試合が動いたのは後半35分。途中出場したFW古城優(2年=堺西高)のゴールで先制し、5分後にはMF池上丈二(4年=青森山田高)のクロスから持ち込んだMF森永佑(2年=帝京大可児高)が追加点。ラスト10分で2発を奪っての白星獲得だった。

 近畿大と大阪教育大はスコアレスドロー。近畿大は連敗を3でストップさせて6位を維持。大阪教育大は2連敗は免れたものの、最下位に沈んだままとなっている。

 8位の大阪学院大は7位のびわこ成蹊スポーツ大と対戦し、1-0の勝利。順位の入れ替えに成功した。シュート数では相手を下回ったが、後半10分にDF吉岡裕貴(1年=G大阪ユース)の左CKからMF小倉圭輝(3年=飛龍高)が決めたヘディングシュートが決勝点。2戦ぶりの完封勝利を飾っている。

 ここへ来て勝ち点を重ねているのが京都産業大。今節では同志社大に2-0の完封勝利で2連勝。終了間際に退場者を出したが、そのまま逃げ切り、4戦負けなし(3勝1分)で10位から9位へ挙げた。前節でも2得点を挙げたFW久保吏久斗(2年=C大阪U-18)がまたも2発の活躍をみせている。

結果は以下のとおり

【後期第7節】(10月15日)
[西京極総合運動公園陸上競技場]
京都産業大 2-0 同志社大
[京]久保吏久斗2(74分=補・前田悠斗、85分)

関西学院大 1-1 立命館大
[関]出岡大輝(75分=補・山本悠樹)
[立]佐々木宏太(54分=補・中野匠)

[山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場]
近畿大 0-0 大阪教育大

びわこ成蹊スポーツ大 0-1 大阪学院大
[大]吉岡裕貴(55分=補・小倉圭輝)

(10月16日)
[西京極総合運動公園陸上競技場]
大阪体育大 2-0 桃山学院大
[大]古城優(80分=補・末吉塁)、森永佑(85分=補・池上丈二)

阪南大 1-1 関西大
[阪]甲斐健太郎(66分=補・山口一真)
[関]塩谷仁(60分)

最終更新:10/18(火) 14:42

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。