ここから本文です

四国中央市民文化ホール安全祈願祭 関係者ら100人出席

愛媛新聞ONLINE 10/18(火) 17:15配信

 愛媛県四国中央市が建設する市民文化ホールの工事安全祈願祭が18日、同市妻鳥町の建設予定地であった。工期は2019年5月末までで、19年度中にもオープン予定。本体総事業費は約55億円を見込む。
 市によると、予定地は松山自動車道三島川之江インターチェンジ付近で、敷地は2万1565平方メートル。ホールは鉄骨3階建てで、延べ床面積は6044平方メートル。主要産業である紙をコンセプトに、紙の折り目を連想させるデザインを大ホール(1007席)の壁面に取り入れる。

愛媛新聞社

最終更新:10/18(火) 17:15

愛媛新聞ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革