ここから本文です

CITICがサムライ債発行準備、中国勢として20年ぶり

Bloomberg 10/17(月) 13:36配信

中国の金融グループ、中国中信集団(CITIC)はサムライ債発行に向けて需要調査を開始した。中国勢としては20年ぶりの起債となる。

事情に詳しい関係者によると、CITICが発行の準備をしている3年債の利率仮条件は、0.48-0.54%、5年債は0.67%-0.72%。また7年債や10年債、20年債も投資家需要に応じて検討する。野村BPIインデックスによれば国内社債の平均利回りは、直近で0.21%。ブルームバーグのデータによると、1996年以降は中国勢によるサムライ債発行が途絶えていた。

海外発行体の多くはサムライ債発行で調達した円をドルやユーロに交換するが、そのコストが高いこともあり、今年4月から現在までの発行額は昨年から20%減少した。一方で、金融規制強化に対応するための資金調達ニーズは残っており、英HSBCホールディングスは、総損失吸収能力(TLAC)規則適格のサムライ債1818億円を9月に起債した。CITICは、ムーディーズ・インベスターズ・サービスから「A3」、S&Pグローバル・レーティングから「A-」、格付投資情報センターから「BBB+」の格付けを得ている。中国勢では、中国工商銀行も6月に東京プロボンド市場で150億円の社債を上場した。

Finbarr Flynn

最終更新:10/17(月) 13:36

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。