ここから本文です

NY金:小幅反発、ETF通じた保有量は3年ぶり高水準

Bloomberg 10/18(火) 4:40配信

17日のニューヨーク金先物相場は小幅反発。機関投資家や大口投機筋のネットロングポジションは過去2週間に大幅に減少した一方、金連動型上場投資信託(ETF)の投資家は過去1週間に投資を増やし、ETFを通じた保有量は2013年以来の高水準にとどまった。

シンクマーケッツUKのチーフ市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は「市場の動きはETF保有者とファンドマネジャーの間の相違に一部起因している」と指摘。ETF投資家は「経済に関してより広範な見方をしており」、短期的なトレンドには影響されていないと述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前週末比0.1%未満上げて1オンス=1256.60ドルで終了。

銀先物は0.2%上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムは下落した。

原題:Money Managers Cut Gold Bets as ETF Holdings Soar to 3-Year High(抜粋)

Luzi-Ann Javier

最終更新:10/18(火) 4:40

Bloomberg