ここから本文です

NY原油(17日):続落、OPECや米国の生産増で供給過多懸念

Bloomberg 10/18(火) 5:07配信

17日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。1週間ぶり安値となった。石油輸出国機構(OPEC)加盟国が供給を増やしているほか、米国での生産が増加しているため、世界的な供給過剰懸念が強まった。

エナジー・アナリティクス・グループ(フロリダ州ウェリントン)のディレクター、トム・フィンロン氏は「OPEC加盟国が協調行動を取るのは難しいとの見方が強まっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前営業日比41セント(0.8%)安い1バレル=49.94ドルと、終値としては7日以来の安値。ロンドンICEの北海ブレント原油12月限は43セント(0.8%)下げて51.52ドル。

原題:Oil Falls to One-Week Low as OPEC Supply Climbs, Rig Count Grows(抜粋)

Mark Shenk

最終更新:10/18(火) 5:07

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。