ここから本文です

米スプリント、3600億円調達計画で長めの証券発行取りやめ-関係者

Bloomberg 10/18(火) 10:29配信

ソフトバンクグループの米子会社、スプリントは周波数帯を裏付けとした証券による35億ドル(約3600億円)規模の資金調達計画を詰める中で、当初予定していた年限の異なる3本立ての証券のうち、長めの年限の2本の発行を取りやめた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

この情報が部外秘であることを理由に同関係者が匿名で明らかにしたところによれば、スプリントが発行するのは5年物証券だけになる。同社は当初、7年と10年物証券も発行すると株主に伝えていたという。

長めの年限の債券は金利リスクがより大きい分、利回りを高くする必要があるため、通常、発行体にとって高コストとなる。スプリントの広報担当にコメントを求めたがこれまでに得られていない。

原題:Sprint Said to Change Borrowing Plans by Dropping Longer Bonds(抜粋)

Claire Boston

最終更新:10/18(火) 10:29

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。