ここから本文です

英国:9月のインフレ率は1%、予想上回る-約2年ぶり高水準に

Bloomberg 10/18(火) 18:29配信

英国では9月にインフレ率が上昇し、約2年ぶりの高い伸びとなった。 英政府統計局(ONS)が18日発表した。

9月の消費者物価指数 (CPI)は前年同月比1%上昇した。伸び率は8月の0.6%を上回り、2014年11月以来の高水準に達した。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は0.9%だった。

コアインフレ率は1.5%で、これも2年ぶり高水準。予想中央値は1.4%だった。出荷価格は前年同月比1.2%上昇と、3年ぶりの大きな伸びを記録した。

ONSは、ポンド安が消費者物価に大きく作用した明らかな兆候はみられないものの、生産者物価に影響していると指摘した。

フィデリティの投資ディレクター、トム・スティーブンソン氏は、「1%はイングランド銀行のインフレ目標である2%からまだ程遠いものの、為替の変化が遅れて影響することからCPIは今後高まることが見込まれる」とし、「インフレは上昇基調を続けるだろう」と語った。

原題:U.K. Inflation Rate Surges to Highest in Almost Two Years (1)(抜粋)

Fergal O'Brien

最終更新:10/18(火) 18:29

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。