ここから本文です

ゴールドマンの7-9月、47%増益-債券トレーディングが好調

Bloomberg 10/18(火) 21:12配信

米ゴールドマン・サックス・グループの7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比で47%の増益となった。債券トレーディング収入がアナリスト予想を上回った。

18日の発表によると、純利益は20億9000万ドル(約2170億円、1株当たり4.88ドル)と、前年同期の14億3000万ドル(同2.90ドル)から増えた。ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平均は1株利益3.88ドルだった。

ロイド・ブランクファイン最高経営責任者は発表資料で「全事業で堅調なパフォーマンスを挙げ、季節的な弱さに打ち勝った」とコメントした。

純収入は前年同期比19%増の81億7000万ドルと、アナリスト予想の74億1000万ドルを超えた。費用は10%増の53億ドル。アナリストは49億ドルを予想していた。報酬と手当の費用が36%増えた。1-9月では報酬準備金の収入に対する割合が41%となり、前年同期の40%から増えた。

債券トレーディング収入は19億6000万ドルに上り、前年同期の会計調整を除いたベースで49%増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト5人の予想は17億ドルだった。株式トレーディング収入は17億8000万ドルとアナリスト予想の16億9000万ドルを上回った。

投資銀行業務の収入は1.2%減の15億4000万ドル。予想は14億7000万ドル。債券引き受けと株式引き受けはそれぞれ17%と19%の増収。一方、助言業務からの収入は19%減だった。

原題:Goldman Sachs Profit Rises 47% as Bond-Trading Outperforms(抜粋)

第2段落に加筆し第4、6段落を追加します.

Dakin Campbell

最終更新:10/18(火) 21:54

Bloomberg

なぜ今? 首相主導の働き方改革