ここから本文です

サトノダイヤモンド、菊花賞最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

netkeiba.com 10/19(水) 13:12配信

 10月23日に京都競馬場で行われる、3歳牡馬クラシックの最後の一冠、菊花賞。このレースの特別登録段階で、10月19日11時時点でのnetkeiba.com予想単勝オッズで1番人気の支持を集めているサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎)。レースへ向けた最終追い切りが朝一番のCWで行われている。

 C.ルメール騎手を背に、3コーナー入口から入場して、ペルシアンナイトを追走。3コーナーはゆったり入り、加速したのは最後の直線に入ってから。前の脚色も衰えないので、なかなか差が詰まってこなかったが、鞍上が軽く拳を動かすと、ぐんぐんと加速して、あっさりと追い抜いた。

 時計は4F53.3~3F38.0~1F11.8秒と前走時とあまり変わりないのだが、動き自体は前走時と全く違う。いつでもギアを上げていける状態になっており、前走をひと叩きしたことで明らかに加速力が増している。万全の状態でレースを迎えることができるのではないだろうか。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:10/19(水) 13:12

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]