ここから本文です

<ピコ太郎>「目指せグラミー賞!」 “世界デビュー”後初のテレビ生出演で意欲

まんたんウェブ 10/19(水) 10:01配信

 不思議ソング「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」でブレーク中のシンガー・ソングライターのピコ太郎さんが19日、生放送の情報バラエティー番組「スッキリ!!(2部)」(日本テレビ系)に出演。“世界デビュー”後、初めてのテレビ生出演で、「PPAP」のスペシャルバージョンを披露した。同曲の世界的ヒットに、司会を務めるお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次さんから「グラミー賞とかいっちゃうんじゃない?」と振られたピコ太郎さんは、「怒られますから……」と謙遜しながらも「目指せ、グラミーですね!」と意欲を見せていた。

【写真特集】これが話題のピコ太郎だ! イベントで生パフォーマンス披露

 また加藤さんに、劇場版アニメ『君の名は。」がヒットしている新海誠監督と並べられ、「新海監督か、ピコ太郎かですから」と持ち上げられると、「公開されている国の数では勝っていますんで」とニヤリ。今後の活動については「変わらず、動画をアップして、ショーをやって、海外にも行きたいですね。ウガンダで1位なのでウガンダへ」と語り、世界のファンへメッセージを求められると「ハロー、ファン! ぜひともピコ太郎をナイストゥーミーチューでお願いします」と語り、加藤さんらの笑いを誘っていた。

 ピコ太郎さんは千葉県出身で、パンチパーマにサングラス、ヒョウ柄衣装で、「ペンパイナッポーアッポーペン」という謎のフレーズの曲で大きな話題を集めている。7日に「PPAP」など4曲を米、英、中国など世界134の国・地域に配信し、“世界デビュー”を果たした。「ユーチューブ」の公式動画がカナダ出身ミュージシャンのジャスティン・ビーバーさんにSNSで紹介されたことなどで拡散され、世界再生回数ランキング(9月30日~10月6日)1位になるなど話題を呼んでいる。

 番組では、ピコ太郎さんのプロデューサーの古坂大魔王さんが動画配信後初めてインタビューに応じ、ピコ太郎さんとの出会いなどを告白した。

最終更新:10/19(水) 13:18

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]