ここから本文です

スカンジナビア航空、制服刷新 17年ぶり

Aviation Wire 10/19(水) 9:40配信

 スカンジナビア航空(SAS/SK)は現地時間10月18日から、制服のデザインを刷新した。これまでの紺色をベースにし、コーポレートカラーの青を差し色に採用した。同社の制服リニューアルは17年ぶり。

 客室乗務員と運航乗務員、地上係員の計8000人が着用する。スウェーデンのアパレルブランド「AMA AWE」のAmandah Andersson氏がデザイン。1年半をかけて改良し、女性が着用するスカーフは空から見た機体をヒントにデザインした。

 通常の制服のほか、ポロシャツやポンチョなども用意。個人の好みや天候などにより着用することができる。

Yusuke KOHASE

最終更新:10/19(水) 9:40

Aviation Wire