ここから本文です

<君の名は。>大ヒット受け“組紐”玩具が売り上げ急増 予想外の反響

まんたんウェブ 10/19(水) 12:02配信

 劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)の大ヒットを受けて、劇中に登場する組紐(くみひも)を簡単に制作できる玩具「KUMIHIMO LOOMY(クミヒモルーミー)」(タカラトミーアーツ)が好調だ。「クミヒモルーミー」は昨年4月に発売された女児向けの玩具で、「君の名は。」が公開された8月下旬以降、ネット通販の売り上げが急増し、ファンが同玩具で作った組紐の写真をSNSに続々とアップするなどブームになっているという。タカラトミーアーツの担当者は「予想外の反響。アニメを見て、組紐を作ってみたいけど、作り方が分からないという人が多く、簡単に作れるところが人気のようです」と驚いているようだ。

【写真特集】作り方は簡単 組紐玩具「クミヒモルーミー」とは… 写真も

 「クミヒモルーミー」は、カラーコードをスリットに順番に挟むことで組紐を簡単に制作できる玩具で、価格は2500円(税抜き・以下同)。専用クリップやビーズなどがセットになった「クミヒモルーミー デラックス」(4800円)も発売されている。

 19日、東日本橋サンライズホール(東京都中央区)で開催されたタカラトミーアーツの関係者向けの「2017年新春商談会」でも「KUMIHIMO LOOMY」が展示されており、担当者は「クリスマス商戦を含め、今後もさらに人気になれば」と、さらなる盛り上がりに期待をしている。

 「君の名は。」は、1000年ぶりとなる彗星(すいせい)の来訪を1カ月後に控えた日本を舞台に、山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉と東京で暮らす男子高生の瀧が、入れ替わってしまう……というストーリー。組紐は、三葉と瀧を結びつける重要なアイテムとして登場する。8月26日に公開され、興行収入が150億円を突破するなど大ヒットしている。

最終更新:10/19(水) 12:16

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]