ここから本文です

『FFXIV』の楽曲で揺れたラスベガスの夜! 写真で振り返るふたつのコンサート

ファミ通.com 10/19(水) 1:32配信

文・取材・撮影:編集部 オポネ菊池

●1日目の夜は美しいピアノの音色に酔いしれる
 2日間行われたFINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016 Las Vegasで、両日の最後のステージイベントはいずれもコンサート。1日目はピアノコンサートで、2日目はサウンドディレクターの祖堅正慶氏率いるロックバンド、The Primalsのコンサートだ。

 今回のコンサートは、2016年12月7日に発売を予定しているバンド&ピアノアレンジアルバム第2弾『Duality ~FINAL FANTASY XIV Arrangement Album~』からの選曲がメインとなり、公に演奏されるのは今回が初。

 初日のピアノコンサートでは、ピアニストにDejan Daskalov氏を迎え、ときに激しく、ときにしっとりと、『FFXIV』の楽曲を奏でた。『Answers』と『Dragonsong』では、オリジナル版の歌唱を担当しているSusan Callowayさんが登場。持ち前のパワフルなボイスで、人の命の理と、救いのない愛を歌い上げた。

 コンサートの中盤では祖堅氏が登場し、『魔大戦の傷跡 ~腐敗遺跡 古アムダプール市街~』と『女神 ~女神ソフィア討滅戦~』を披露。ファンフェスティバル 2014 東京のときと同様、ピアノの右側にトイピアノをセットし、ダンボールをバスドラムに見立てての演奏。祖堅氏のサービス満点のパフォーマンスに、会場からは笑いと拍手が巻き起こっていた。

セットリストは以下の通り。

M1 Answers (Dejan Daskalov w/Susan Calloway)
M2 イマジネーション ~蒼天聖戦 魔科学研究所~ (Dejan Daskalov)
M3 国境なき空 (Dejan Daskalov)
M4 魔大戦の傷跡 ~腐敗遺跡 古アムダプール市街~ (Masayshi Soken)
M5 女神 ~女神ソフィア討滅戦~ (Masayoshi Soken)
M6 英傑 ~ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦~ (Dejan Daskalov)
M7 Dragonsong(Dejan Daskalov w/Susan Calloway)
M8 雲霧街の夜霧 ~イシュガルド下層:夜~ (Dejan Daskalov)

●The Primalsの世界ツアーだぜ! 飛べ!! 飛べ!!
 2日目はThe Primalsのステージ。2014年のラスベガスでのファンフェスではメンバーのスケジュールが合わず、代役のミュージシャンが参加していたが、今回は正真正銘、The Primalsのオリジナルメンバー。最高のステージに最高の楽曲とメンバーが揃った。

セットリストは以下の通り。

M1 英傑 ~ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦~
M2 曲がらぬ刃 ~蛮神ラーヴァナ討滅戦~
M3 アンブレーカブル ~博物戦艦 フラクタル・コンティニアム~
M4 混沌の渦動 ~蛮神リヴァイアサン討滅戦~
M5 魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~
M6 過重圧殺! ~蛮神タイタン討伐戦~
EC 魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~
M8 ローカス ~機工城アレキサンダー 起動編~

●The Primalsのコンサートの後は、エンディングで再会を約束!
 最後に、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターは、会場に集まってくれたファンと、モニターの向こう側にいるプレイヤーに感謝を述べるとともに、ファンフェス東京での再会を約束した。

最終更新:10/19(水) 1:32

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]