ここから本文です

ラングドン教授の“知られざる能力”とは? 『インフェルノ』特別映像

ぴあ映画生活 10/19(水) 12:00配信

トム・ハンクスが『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続いてロバート・ラングドン教授に扮する超大作『インフェルノ』の特別映像が公開になった。これまで数々の謎を解き明かしてきたラングドン教授の紹介と、彼の“知られざる能力”に迫った内容だ。

公開された特別映像

本シリーズの主人公ロバート・ラングドンは、アメリカ人で、ハーヴァード大学で教授を務める人物。専門は宗教象徴学で、芸術、歴史、建築、地政学、文化などあらゆる分野に精通しており、ラングドンを演じるハンクス曰く「インディアナ・ジョーンズとシャーロック・ホームズを足して2で割ったような人物」だ。さらに彼は記憶力が圧倒的で、観たものを“映像”として完璧に記憶することができる。

本シリーズはラングドンが一瞬だけ観たヒントの中に隠されていたカギを見つけ出し、それを手がかりに膨大な知識を活用しながら、歴史の中に埋もれていた“真実”を見つけ出していく過程が描かれてきた。しかし、最新作『インフェルノ』の冒頭でラングドンは記憶を失い、病室で目覚める。いつもは冷静なラングドンだが、本作では自分がなぜ病室にいるのかもわからず、なぜ自分が命を狙われているのかもわからない。さらに短期間の記憶は欠落しており、お得意の推理能力を発揮できないほど混乱している。

そんな中で、ラングドン教授が挑むのは、詩人ダンテの『神曲』に描かれた地獄(インフェルノ)にまつわる謎だ。傷を負い、記憶を失い、能力が発揮できぬまま、人類の命運を左右する“選択”を迫られるラングドン。絶体絶命のピンチだが、ロン・ハワード監督はこの状況で彼が「自分の“ある能力”認めざるを得なくなる」という。

それは「ラングドンのイメージとはかけはなれた能力」だが、新作では重要な役割を果たすらしい。観客も思わず考え込んでしまうような謎と、おなじみのキャラクターの想像もしなかった新たな側面。『インフェルノ』はシリーズで最も“発見”と“驚き”に満ちた作品になりそうだ。

『インフェルノ』
10月28日(金) 日米同時公開

最終更新:10/19(水) 12:00

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]