ここから本文です

行定 勲監督作品「ジムノペディに乱れる」ポスター・ヴィジュアルと予告編公開

CDジャーナル 10/19(水) 17:51配信

 『世界の中心で、愛を叫ぶ』(2004)で知られる行定 勲監督の最新映画「ジムノペディに乱れる」のポスター・ヴィジュアルと予告編が公開されました。本作は成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」生誕45周年を記念してスタートした“ロマンポルノリブートプロジェクト”の一環として製作された新作映画5本のうちの1本。11月26日(土)より東京・新宿武蔵野館ほかで全国で順次ロードショー。

 映画「ジムノペディに乱れる」の舞台は東京・JR中央線沿線。2016年に生誕150周年を迎えたエリック・サティのピアノ独奏曲「ジムノペディ」をキーワードに、不器用な男女の愛を官能的に描きます。スランプに陥り自暴自棄になった主人公の映画監督、古谷を演じるのは板尾創路路(『地獄でなぜ悪い』)。古谷を惑わすヒロイン結花役はこれまでBOMI名義でミュージシャンとして活動してきた芦那すみれ。もう一人のヒロイン、安里にはNHK大河ドラマ「真田丸」で真田家の侍女を演じた若手女優、岡村いずみが扮しています。さらに「日活ロマンポルノ」を代表する女優、風祭ゆきもカメオ出演。

 エロティックなシーンを想起させる映像が散りばめられた予告編では、板尾扮する古谷が女性に救いを求め、失った大切な何かを探し求める姿が描かれています。

最終更新:10/19(水) 17:51

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]