ここから本文です

175Rが6年ぶりに活動再開、復帰ライブは「骸骨祭り」

音楽ナタリー 10/19(水) 4:00配信

175Rが約6年ぶりに活動を再開。12月3日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催されるライブイベント「SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り」にて活動再開後初ライブを行う。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2010年12月のライブをもって活動を休止していた175R。今回の活動再開は、インディーズ時代から関わりのあるスタッフや友人の訃報が続き、メンバー間に「もう一度観せたかった」という感情が生まれたこと、さらにメンバーが親交の深いアパレルブランドSKULLSHITの代表・大滝哲也氏より「(ブランドの)20周年はバンドで祝ってほしい」とオファーを受けたことをきっかけに決定した。バンドは「骸骨祭り」を皮切りに12月24、25日に愛知・ポートメッセなごや 1~3号館にて行われる「MERRY ROCK PARADE 2016」、12月27、28日に大阪・インテックス大阪にて実施される「FM802 RADIO CRAZY」へ出演する。

また175Rは「ハッピーライフ」「SAKURA」といった代表曲6曲を再レコーディングした作品「175R(e) BEST」を本日10月19日にiTunes Storeやレコチョクといった音楽配信サイトにてリリース。さらに書き下ろしの新曲「これから」を完成させた。リリース日などは未定だが、同曲は本日より各ラジオ局にて放送されるほか、YouTubeで公開されたティザー映像でも一部を聴くことができる。

活動再開に際しSHOGO(Vo)は「お待たせした皆さんに感謝の気持ちを込めて、この活動休止中に出逢えた沢山の皆様へ、そしてこれから出会う皆さんへ、改めて! 175Rをどうぞよろしくお願い致します」とコメントしている。

175R「175R(e) BEST」収録曲
01. ハッピーライフ
02. 空に唄えば
03. YOUR SONG
04. 僕の声
05.「手紙」
06. SAKURA

SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り
2016年12月3日(土)千葉県 幕張メッセ国際展示場
OPEN 9:00 / START 11:00 / END 21:30(予定)
<出演者>
ACIDMAN / 打首獄門同好会 / X SUGINAMI feat. 冠徹弥 / 岡崎体育 / KEYTALK / グッドモーニングアメリカ / SHAKALABBITS / jealkb / 四星球 / SUPER BEAVER / ストレイテナー / dustbox / でんぱ組.inc / Nothing's Carved In Stone / NoGoD / MAN WITH A MISSION / MEANING / MONOEYES / ヤバイTシャツ屋さん / RIZE / lovefilm / 夜の本気ダンス / RADIOTS / 175R / and more

2016年12月4日(日)千葉県 幕張メッセ国際展示場
OPEN 9:00 / START 11:00 / END 21:30(予定)
<出演者>
Amelie / 氣志團 / GOOD4NOTHING / GOING UNDER GROUND / coldrain / The Winking Owl / THE ORAL CIGARETTES / THE冠 / THE BACK HORN / The BONEZ / SECRET 7 LINE / Silent Siren / SiM / SHADOWS / JAWEYE / 10-FEET / TOTALFAT / NOISEMAKER / BLUE ENCOUNT / 04 Limited Sazabys / My Hair is Bad / MAGIC OF LiFE / MUCC / MERRY / 山嵐 / RADIO FISH / and more

MERRY ROCK PARADE 2016
2016年12月24日(土)愛知県 ポートメッセなごや 1~3号館
2016年12月25日(日)愛知県 ポートメッセなごや 1~3号館
※175Rの出演日は後日発表。

FM802 RADIO CRAZY
2016年12月27日(火)大阪府 インテックス大阪
2016年12月28日(水)大阪府 インテックス大阪
※175Rの出演日は後日発表。

最終更新:10/19(水) 4:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]