ここから本文です

Jリーガーが本音「ハリル監督が交代したら代表に呼ばれたい」

東スポWeb 10/19(水) 6:00配信

 呼ばれても本音は行きたくない!? ロシアW杯アジア最終予選で苦戦が続き支持率急降下中の日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)に、Jリーガーが拒否反応を示し始めている。Jクラブ側の“解任動議”発動の動き(本紙既報)もある中、選手たちも敏感に反応。ハリルジャパンに招集されたとしても、指揮官のデタラメ起用のおかげで戦犯扱いされるのは「まっぴらごめん」というのだが…。

 9月にスタートしたロシアW杯アジア最終予選でハリルジャパンは低空飛行にあえいでいる。4試合を終えてB組3位。無条件でW杯切符を獲得できる2位以内を確保できていない。指揮官は現段階で日本サッカー協会から続投の“お墨付き”を得ているが、次の最終予選サウジアラビア戦(11月15日、埼玉)で敗れるようなことがあれば、解任への動きが加速するのは間違いない。

 このまま勝てない監督を続けさせていいのか。日本サッカー界には疑問の声が噴出しており、Jクラブ側も反ハリルの動きを見せている。それはJリーガーとて同じだった。ハリルジャパンに招集される可能性のある、ある選手が胸中をこう打ち明ける。

「日本代表に呼ばれるのはうれしい。呼ばれたら行くけど、今の状況なら正直、行きたくない気持ちもある。監督の采配に疑問を感じる部分もあるし、あまりいい評判を聞かないから」

 代表にお呼びがかかるのは、サッカー選手にとって非常に名誉なこと。にもかかわらず二つ返事でOKしたくないとは…まさに異例の事態だ。ただ、その気持ちが分からないでもない。

 1―2で敗れた9月の同UAE戦(埼玉)では、A代表初出場となるMF大島僚太(23=川崎)を先発に抜てきした。とはいえ最終予選初戦という重要な試合。しかも慣れない状況ではリオ五輪代表の大島でも力を発揮できず、PKを与えるファウルなど2失点に絡むミスを犯して戦犯扱いされた。今月11日の同オーストラリア戦(メルボルン)でもFW本田圭佑(30=ACミラン)がぶっつけで1トップ起用されたが、エースの仕事を果たせず“本田不要論”を勢いづける結果になった。

 こうしたことが続いただけに、代表に呼ばれても不可解な起用や不慣れなポジションを任され、思うようなプレーができない可能性がある。その上、批判にまでさらされるのは勘弁してほしい、というところだろう。

 おまけに前出の選手は「監督が交代してから呼ばれたい」とポツリ。欧州組偏重で国内組を軽視しているハリルホジッチ監督が、逆にJリーガーから見限られてしまうとは…。なんとも皮肉な状況だ。

最終更新:10/19(水) 6:00

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]