ここから本文です

志半ばで帰国 岩田寛が描く米ツアー復帰プラン

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/19(水) 18:44配信

◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 事前情報(19日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇7119yd(パー71)

【画像】うつむくなヒロシ…明日はきっと明るい

9月から4試合の予定で組まれていた今季米国男子ツアー(2016-17年シーズン)の出場権を争う入れ替え戦は、最終戦の「ウェブドットコムツアー選手権」(10月6日~)がハリケーンの接近により中止となり、3試合目を終えて優先順位36番目にいた岩田寛は、カットラインの同25番目以内から漏れて2年連続での出場権を逃した。

最終戦での挽回を期して渡米していた岩田は、これ以上ないほどの不運な結果に終わり、今週から国内ツアーに復帰する。19日は練習ラウンドで最終調整を行い、「こればっかりはしょうがないです」と現在の心境を語った。結果を引きずらず、早くも頭には“復帰ルート”を描いている。

10月にスタートした今季米ツアーの年間フル出場は逃した岩田だが、昨季のフェデックスランク146位により“準シード”は確保している。昨シーズンの実績に照らせば、今季は最大15試合ほど出場できる見込みだ。さっそく今大会出場後の来週には、エリートフィールドがそろう「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国)の裏開催にあたる「サンダーソンファームズ選手権」(27日~、ミシシッピ州)への出場で再渡米。来月にはもう1試合、「ザ・RSMクラシック」(11月17日~、ジョージア州)に出場予定だ。

2017年に入ってからも、年間を通じて出場権を持つ米下部ツアーには出場せず、国内ツアーを拠点としながら、出場資格が降りてきそうなレギュラーツアーに可能な限り出場してポイントを稼ぎ、2017-18年シーズンでのツアー復帰を目指すという。(千葉市緑区/塚田達也)

最終更新:10/19(水) 18:54

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)