ここから本文です

異色作『リンクの冒険』ディレクター杉山直氏が制作裏話を語る―なぜ横スクロールアクションなのか?

インサイド 10/19(水) 13:00配信

任天堂は、同社が手掛けるアクションRPG『THE LEGEND OF ZELDA 2 リンクの冒険』(以下、『リンクの冒険』)の制作裏話を公開しました。

【関連画像】

これは『ゼルダの伝説』生誕30周年を記念して企画されたインタビュー記事で、『リンクの冒険』のディレクターだった杉山直氏に、シリーズ随一の異色作と言われる本作の裏側について訊いています。

それによると、本作の開発は、宮本茂氏の「攻撃も防御も上下に使い分ける横スクロールのアクションゲームを作りたい」という言葉から始まったとのこと。1作目ではできなかった、「ジャンプ突き」「下突き」「上下の盾防御」などのアクションを実現する事がゲームシステムのコンセプトとなっており、続編というよりはスピンオフ作品として作られたゲームであるそうです。

また、開発者としてテストプレイを繰り返し行うと、プレイヤースキルが上がってしまって、適切なゲーム難易度がわからなくなり困ったと話しています。結果、プレイヤーから攻略の質問の電話が来ることがあったそうです。

他にも、後の『ゼルダの伝説』シリーズに影響された要素などが紹介されているので、こちらのページから閲覧してみてください。

最終更新:10/19(水) 13:00

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]