ここから本文です

ラリーに合わせて曲が変化 卓球を使った音ゲー「Ping Pong FM」が難易度高いけど楽しそう

ねとらぼ 10/19(水) 7:40配信

 米国で活動するアーティスト、Mark Wheeler氏らが、卓球を使った体感型音楽ゲーム「Ping Pong FM」を発表しました。

【画像】はレトロなラジオ型

 球を打ったタイミングをラケットから取得し、レトロなラジオ型の端末やゲームアプリを起動したPCを使って音楽を再生する仕組み。ラリーが途切れると曲が停止するのはもちろん、ペースに応じて曲のテンポが変化していきます。

 ちゃんと音楽を聞くには一定の速度でラリーを続ける必要があるため、2人のプレイヤーの卓球の腕が試されます。自分でプレイするだけでなく、上級者同士の正確なプレイを見るのも楽しそう。

 販売するかどうかについては明らかにされていませんが、「Ping Pong FM」を使ったイベントなどを行うために協力者の募集を行っているので、そのうちどこかで遊べるかも……?

最終更新:10/19(水) 7:40

ねとらぼ