ここから本文です

【インドネシア】ガルーダ航空、韓国観光公社と提携

NNA 10/19(水) 11:30配信

 インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は17日、韓国を訪問するインドネシア人観光客の拡大に向けて、韓国観光公社との間で提携することで合意した。ジャカルタ・グローブが伝えた。
 韓国便を特別料金で設定するほか、韓国のさまざまな観光地で利用できる割引クーポンを発行する。ガルーダ航空のセルフィー・デウィヤンティ副社長(マーケティング担当)によると、今年上半期(1~6月)の韓国路線の搭乗者数は7万1,349人。「年末までに昨年の訪問者数を確実に突破できる」と指摘した。
 韓国観光公社の鄭昌洙(チョン・チャンス)社長は、「上半期に韓国を訪問したインドネシア人観光客数は前年同期から38%増加した」と説明。ガルーダ航空との提携による、観光客のさらなる誘致に期待を示した。
 ガルーダ航空は、ジャカルタとデンパサール(バリ島)からソウル直行便を運航している。

最終更新:10/19(水) 11:30

NNA