ここから本文です

きょう(19日)ロッテオーナー一家起訴へ=韓国検察が捜査結果を発表

WoW!Korea 10/19(水) 9:43配信

韓国検察が、ロッテグループ全方位への司正作業に入ってから132日が経過したきょう(19日)、捜査結果を発表する。

 検察は、重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン61)ロッテグループ会長と重光武雄(韓国名:シン・ギョクホ、94)総括会長、そして重光宏之(韓国名:シン・ドンジュ、62)前ロッテホールディングス副会長など、グループオーナー一家の大部分を在宅起訴する方針だ。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは19日午後2時30分、ロッテグループに関する捜査結果を発表する。司法処理対象に挙げられる人物は重光昭夫会長、重光武雄総括会長など、事実上、オーナー一家全員となる。

 検察は当初、9月はじめにロッテグループ捜査を終結させる予定だった。しかし、”ロッテナンバー2”李仁源(イ・インウォン)ロッテグループ副会長(69)の突然の死により、捜査日程が当初よりずれ込むこととなった。

最終更新:10/19(水) 17:03

WoW!Korea