ここから本文です

地元コシ生き生きPR 南魚沼市「美女旅」パンフ第3弾

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 10/19(水) 13:20配信

 南魚沼産コシヒカリを地元女性がモデルとなってPRするパンフレット「美女旅×南魚沼産コシヒカリ」の第3弾が完成した。

 魚沼地域の女性を起用する「美女旅」は、南魚沼市が観光パンフをシリーズ化して人気を集めている。市では「南魚沼産コシ」をブランド化し、PRに力を入れていることから、美女旅と連携したパンフを2014年から作製。宿泊施設や観光拠点に置いている。

 今回のパンフはA5判カラー20ページで1万2千部発行。モデルとなった高校生~30代の女性5人が、同市と湯沢町で農作業を体験する様子を掲載した。美しい田園風景のほか、若手農家やその家族らも登場させ、南魚沼の稲作を生き生きと伝える内容となっている。

 モデルの女性たちは「甘くおいしい地元コシのPRに参加でき、良い経験になった」と笑顔。そのうちの1人、JAしおざわ営農課の塩谷彩織さん(31)は「手間のかかる作業をこなす農家さんのすごさをあらためて実感した」と話した。

最終更新:10/21(金) 10:45

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ