ここから本文です

<高畑充希>「とと姉ちゃん」イメージに困惑 「性格が逆」

まんたんウェブ 10/19(水) 14:24配信

 女優の高畑充希さんが19日、東京都内で行われたNTTドコモの2016~17年冬春新サービス・新商品発表会に登場。1日に最終回を迎えたNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演を務めていた高畑さんは、ブレークの実感を聞かれると「変な感じです。高畑充希というのがいて、私がいて、ちょっと距離感ありますね。別の人みたいです」と吐露。出版社で働く主人公・常子のイメージで見られることが増えたといい、「試験(『とと姉ちゃん』での商品試験)をやりそうとか、リーダーシップをとりそうとか言われることが増えて。私、性格が逆なので、どうしよう、と……」と困惑気味に語った。

【写真特集】高畑充希が黒のシックな衣装を披露 ドローン操作も!

 発表会にはイメージキャラクターを務める高畑さんと同社の吉澤和弘社長が出席。発表会で新機種を手に魅力を説明した高畑さんは、会見で「とと姉ちゃん」で常子たちが行った「商品試験」にからめてスマートフォンを“検査”したくならないかと聞かれ、「ぜんぜんならない……。苦手なんですよ、緻密な作業が。めっちゃ雑です」と苦笑い。「いろんなものをいろんなところに置き忘れていきますね。靴下バラバラだったりとか」とエピソードを紹介し、「ちゃんとしなきゃいけないのかなと思うんですけど……」とぽつりと語った。発表会ではドローンを用いた新サービスにちなんで、高畑さんがドローン操作に挑戦するシーンもあった。

 同社は、2016~17年冬春モデルとして、スマートフォン7機種、ドコモケータイ2機種、らくらくホン2機種、キッズケータイ1機種、データ通信製品1機種の計13種類を発表。21日から順次、発売する。スマートフォンでは、VoLTEや防水機能などを備えたドコモ初のオリジナルスマートフォン「MONO MO-01J」などが紹介された。

最終更新:10/19(水) 15:27

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]