ここから本文です

JALと欧州4社、共同事業を開始

レスポンス 10/19(水) 9:32配信

日本航空(JAL)と、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、フィンエアー(AY)、イベリア航空(IB)は、10月18日から日本=欧州路線で共同事業を開始すると発表した。

共同事業の対象路線は、日本とロンドン・ヘルシンキ・パリ・フランクフルト・マドリードとの間の直行便に加え、ロンドンから欧州域内約80地点、ヘルシンキから欧州域内約60地点、マドリードから欧州域内約80地点、日本国内約40地点。

共同事業対象路線では、顧客の需要に合わせた最適なスケジュールを実現するのに加え、運賃の調整、共同サービスの開発、コードシェア提携の拡大など、顧客の利便性を高め、欧州路線における4社の選好性向上を図る。

JALはこれまでも、ロンドン=マドリード線、フランクフルト=マドリード線でIBとのコードシェアを実施してきたが、今回IBが日本=欧州路線での共同事業に加わることで、日欧直行便とそれに接続する欧州域内路線、日本国内路線のスケジュール調整を進め、マドリードを経由した欧州各都市への乗継利便性の向上を図る。

10月30日からはIBが運航する、バルセロナ、セビリア、リスボン、ローマ、ブリュッセル、ミュンヘン、ベルリン、チューリッヒ、ジュネーブなど計21の地点にJALのコードシェアを拡大する。

マイレージプログラムでは、FLY ONプログラムのステイタスの顧客向けに提供している、マイルUPボーナスの対象便は、これまでJAL便、BA便のみが対象だったが、11月1日からIB便も対象となる。JALの会員は、IB便利用時のマイレージ積算率を両社で見直す。

また、JALとIBは、近くホームページの機能を見直し、WEB予約やWEBチェックインを両社のホームページから利用可能にする。

4社による共同事業の開始により、日本発の乗客は、BAの乗り継ぎ拠点空港ロンドン、AYのヘルシンキに加え、新たにIBのマドリードについても、欧州各地へのゲートウェイとして利用でき、日本から欧州各都市への乗継便の選択肢が大幅に増える。

今後も、4社は緊密に連携して路線ネットワーク、商品・サービス品質の向上に取り組む方針で、顧客の利便性向上とサービス拡充を図る。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/19(水) 9:32

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。