ここから本文です

ソニーも『ムーラン』を実写映画化へ

cinemacafe.net 10/19(水) 13:15配信

ソニー・ピクチャーズが『ムーラン』の実写映画化するようだ。

病を患う父親の代わりに軍隊を率いる中国人の少女ファ・ムーランを描くこの作品に向けて、同スタジオは「ゲーム・オブ・スローンズ」「Homeland」「シェイムレス 俺たちに恥はない」など人気ドラマのエピソードで監督を務めたことがあるアレックス・グレイヴスを監督に抜擢した。

【写真】ソニー・ピクチャーズ ロゴ

ヒロインのムーラン役を演じる中国人女優はまだ決定していないが、ジェイソン・ケラーがすでに脚本を執筆中で、資金出資にも参加する2.0エンターテイメント社のダグ・ベルグラッドがプロデューサーに就任している。

一方でディズニーも先日、『ムーラン』の実写化を進めていることが明らかになっていた。ディズニーはミン・ナが主役ムーラン、エディ・マーフィーが赤竜のムーシューの声を務めた1998年のアニメ版を原作とした実写版を製作中で、2018年11月2日の公開に向けて急ピッチで進めているものの、ソニー作品同様、主役の中国人女優を探しているところだ。

(C) BANG Media International

最終更新:10/19(水) 13:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]