ここから本文です

ヤクルト・真中監督、ドラフトは「すぐに使えるピッチャー」熱望

デイリースポーツ 10/19(水) 6:02配信

 ヤクルトは18日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、20日のドラフト会議の1位指名候補を桜美林大・佐々木、創価大・田中、東京ガス・山岡の3投手に絞り込んだ。

 即戦力の先発投手を1位指名して獲得したい当初の方針は、全く変わらなかった。会議に出席した真中監督も「すぐに使えるピッチャー。最初から使いたい」と早々と来季の“開幕ローテ”で起用することを示唆した。

 特に今年は投手に好素材が多い。競合も覚悟しており、他球団の動向も気になるところだ。1位指名の選手を決めるのは「(ドラフトの)当日になると思います」と小川SD。ギリギリまでじっくりと議論と検討を重ね、最終的に決断を下す。

最終更新:10/19(水) 7:53

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。