ここから本文です

「猫侍」スタッフによる癒しアクション、大野拓朗主演「猫忍(ねこにん)」の製作が決定

CDジャーナル 10/19(水) 17:51配信

 俳優・北村一輝を主演に“猫 + 時代劇”という組み合わせを披露した「猫侍」スタッフによる新作、癒しアクション・エンタテインメント「猫忍(ねこにん)」の製作が決定。2017年1月よりtvk(テレビ神奈川)などでTVドラマ版を放送、その後劇場版の公開も予定されており、主演は大河ドラマ「花燃ゆ」や連続テレビ小説「とと姉ちゃん」と出演作を重ねる若手演技派俳優・大野拓朗が務めます。

 幼き頃に父親と生き別れ、愛を知らずに生きて来た忍者、陽炎太。父親の面影がある、でっぷり太った猫に出逢った彼は、忍者の掟を破り、人目を避けて猫を飼い始める――。主演を務める大野拓朗と、劇中で“父上”と名づけられる猫を演じる金時との心温まる共演はもちろん、迫力ある忍者アクションにも注目の「猫忍」。大野は本作について、「金時が、予想だにしない奇跡を起こす。僕が振り返る芝居のときに金時も一緒に振り返ったり、思ってもないところで鳴いたり、それらすべてがきちんとストーリーの流れに沿った芝居になっている。初演技とは思えない堂々とした芝居です。作品全体として、ハードボイルドなかっこよさがありつつ、登場人物が皆どこかおかしくクスッと笑える。ゆるくて、優しくて、あったかくて、金時の可愛さに癒される、ほっこりする作品。気楽に観れる作品なので、日々の安らぎになればいいなと思います。猫好きの方も、そうでない方も、癒されること間違いなしの作品です」とコメントしています。

©2017「猫忍」製作委員会

最終更新:10/19(水) 17:51

CDジャーナル