ここから本文です

勤続53年「福永先生」が見たカープ戦士

東スポWeb 10/19(水) 10:00配信

【赤坂英一「赤ペン!!」】32年ぶり日本一を目指す広島には、勤続53年を誇るトレーナーがいる。1963年に入社し、勤めながら大学にも通ってトレーナー部長に就任。「75年の初優勝から今年の優勝まで7回の優勝を全部見とる」と言う福永富雄トレーナー部アドバイザーだ。今年74歳になり、日本プロ野球トレーナー協会会長も兼務している人物である。

「昔の選手はよう練習をした。根本(陸夫=故人)さんが監督しとったころ(68~72年)、エースの外木場(義郎)が『よしというまで投げとけ』と言われて、午前から投げ始めてさ、ぼくが昼飯を食べ終わってもまだ投げとる。何球投げたか聞いたら、『600ぐらいかな』って。今どきの選手はそんな投げ込みはやらんし、させられんもんな」

 では、近頃の選手はそれだけひ弱になったのかというと、まるで逆。むしろ、精神的には比べものにならないほどタフになっているそうだ。

「91年以前の優勝では、ペナントレースの大詰めまでくると、選手たちはみんな唇がカサカサになったもんです。大野(豊)も達川(光男)も顔色が悪うなって、肌が荒れてね。それだけプレッシャーがきつかったんじゃと思う。でも、今どきの選手はみんな肌がツヤツヤしとるよね。CSも表情が明るくて、みんな楽しんでやっとった」

 体力的にも昔の選手に引けを取らない。とくに菊池涼介の肩の強さたるや、「いままで見たセカンドの中でも間違いなく一番じゃな」という。

「二遊間を抜かれそうな打球をバーッと横っ跳びで捕って、そこから足を踏ん張らず、上半身だけを一塁方向へねじって、打者走者をアウトにするじゃろ。あんなプレーができる選手、菊池以前には見たことがないよ。足で踏ん張る必要がないということは、それだけ並外れて肩が強いんだな。吉田(義男=元阪神の名遊撃手)さんも、『自分が見た中で一番肩が強いのは菊池』とおっしゃってたぐらいだからね」

 カープは50年の球団創立から今年で67年目を迎えた。福永氏はそのうち半分以上に及ぶ53年間をトレーナーとして過ごし、いまもなお選手たちの体のケアを続けている。元主砲・監督の山本浩二氏からファームの若手まで、チーム内で長年定着している呼び名は「先生」。菊池はもちろんだが、こういう生き字引的存在もまた貴重な戦力と言えるだろう。

最終更新:10/19(水) 10:06

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。