ここから本文です

熊田曜子、グラビアは「今後もずっと続けたい」も子どもの理解次第…?

cinemacafe.net 10/19(水) 13:35配信

ナタリー・ポートマン主演の西部劇『ジェーン』の公開を記念し、10月19日(水)にタレントの熊田曜子が出席してのトークイベントが開催された。

【画像】タイトなワンピースで登場した熊田曜子

ナタリー・ポートマンが熱望し、自ら製作も務めた本作。アメリカ西部で夫と娘たちと平穏な暮らしを送っていたジェーンだが、夫が撃たれて帰ってきたことで、その生活が一変する。愛する者たちを守るため、自ら銃を手に取るが…。

セクシーな西部劇スタイルの衣装で登場した熊田さんだが、劇中の主人公・ジェーンと同じく2児の母で、しかもジェーン同様に2人とも女の子。ちなみにナタリー・ポートマンも現在、第2子を妊娠中で「勝手に共通点を見出してました」と笑う。

映画について「普段、西部劇を手に取ることは少ないんですが、女性が主人公で、ナタリー・ポートマン主演ということで見たらドハマりしました!」と興奮気味に語る。特に“母”の視点で見る中で、心に迫ってくるシーンも多かったよう。「新幹線でいただいたサンプルを見てたんですが、途中で号泣してしまいました」と明かし「独身のときなら、誰に感情移入したていたか…。主人公に感情移入していても、『逃げる』という選択をしていたと思う。母になって、自分よりも、子どもたちやパートナーの命を守るために戦うという部分について、(独身だった)5年前と感じ方が違うなと思います」と語った。

現在、下の子はまだ0歳で授乳期であり、周囲の協力を得ながら子育てと仕事を両立している熊田さん。この日も「夜中に4回授乳で起きて、朝6時に起きて、何かしらバタバタしてます」と語る。それでも、以前と変わらぬ美貌とボディをキープしている点について「ボロボロですよ」と苦笑しつつ「『ママになる』というのは人生の憧れだったので、夢を叶えられていることに幸せを感じてます。いつも抱っこしてるので筋肉がすごいんです(笑)。5年ぶりにグラビアに復帰したんですけど、筋肉が出過ぎるので違うポーズになったり…。ジムやエステに行く時間はないので、子どもと遊ぶ中でシェイプアップをしてます」と明かした。

現役グラビアタレント最多の54枚目のDVDが発売されたが、まず何より「こんなに理解のあるダンナさんもいないと思います。ヨメが水着になるって…(笑)」とパートナーの感謝。グラビアはできれば今後もずっとやり続けたいですが、子どもたちが何て言うか…? グラビアというのを理解するようになって、ママに何か言ってきたら考えます」と明かした。

『ジェーン』は10月22日(土)より全国にて公開。

最終更新:10/19(水) 13:35

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]