ここから本文です

ベクター『のすがるプロジェクト』始動―第1弾タイトルのティーザーサイトも公開

インサイド 10/19(水) 17:15配信

ベクターは、新IPプロジェクト『のすがるプロジェクト』を発足したと発表しました。

本プロジェクトは、PC/スマートフォンを含めたマルチプラットフォームの展開が予定されており、その第1弾タイトルとして2016年冬リリース予定の『のすたるじっくガールズ』のティーザーサイトが公開。

【関連画像】

『のすたるじっくガールズ』は、PCブラウザ向けに提供されるシミュレーションRPGで、『ディヴァイン・グリモワール』のデベロッパーである火元素社との開発が行われています。登場するキャラクターは子供の頃に使ったり慣れ親しんだ道具や食べ物が擬人化された、思い出と夢を紡ぐ「のすたるじっく」なガールズだということです。


ランドセルや給食袋、あげパンなど様々なジャンルから擬人化するキャラクターが選出されており、世代により経験の差はあるものの、懐かしさを感じるものが数多く登場します。また、現在開催中の「ニコニコ自作ゲームフェスMV」に、本作のイラストと音楽の素材提供が行われているとのこと。10月19日21:00~22:00のニコニコ生放送でも紹介が行われる予定です。



『のすたるじっくガールズ』の事前登録は2016年11月中に開始予定、サービス開始は2016年冬を予定しています。

(C)「のすがる」製作委員会
(C)Vector Inc.

最終更新:10/19(水) 17:15

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]