ここから本文です

ゲス川谷“未成年飲酒騒動” 活動自粛「indigo la END」メンバー再会約束「僕たちはこの世からいなくなるわけじゃない」

リアルライブ 10/19(水) 12:18配信

 「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音がボーカルを務める、もうひとつのバンド「indigo la End」のベース担当・後鳥亮介が18日、自身のツイッターで活動自粛について語り、再会を約束した。

 後鳥は、「明日のライブで僕ら、indigo la Endは活動を自粛させて頂きます」と報告し、「でも僕たちはこの世からいなくなるわけじゃないし、可能な限りお側にいるつもりです。うまく言えないけど、毎日毎日生き抜いてまた笑顔で会おうね」と再会を約束。「ひとまずは明日渋谷でおめかしして待ってます。どうぞよろしくね」とファンに語りかけた。

 同バンドは10月19日に、渋谷でライブを行う予定で、ツアー「インディゴラブストーリーvo.1」は、これまで3日に大阪、12日に恵比寿でライブを開催。19日の渋谷でのライブをもって、同バンドは活動自粛に入る。

 交際していたタレントの未成年飲酒が発覚し、当面の間、バンド活動を自粛することを発表した川谷。バンドの運営側は「このことを重く受け止め、両バンドともに、現在すでにご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛することとしましたのでお知らせいたします」と報告。

 一方の川谷は「僕の軽率な行動によりファンの皆様を失望させてしまった事、活動を共にしているバンドメンバーや関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛け致しました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪していた。

*画像 後鳥亮介ツイッターから
https://twitter.com/gochou1007

最終更新:10/20(木) 11:17

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]