ここから本文です

香川&ゲッツェの採点「4」 ファンから「馬鹿らしい」との声も

ISM 10/19(水) 9:43配信

 現地時間18日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)第3節で、スポルティング(ポルトガル)に2対1で競り勝ったドルトムント(ドイツ)。試合後、地元紙『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)が各選手の採点を掲載した。

 最高が2.0、最低が4.0となったこの日の採点では、トップスピードで相手をかわして先制弾を挙げたFWピエール・エメリク・オーバメヤン、プロ初ゴールを挙げたMFユリアン・ヴァイグル、何度かピンチを救ったGKローマン・ビュルキが2.0と評価された。

 一方、ともに中盤でフル出場した香川真司とマリオ・ゲッツェ、これがCL初出場となった18歳のDFフェリックス・パスラックは4.0だった。

 同紙は香川について「8月27日以来の先発。(ブンデスリーガ前節の)ヘルタ・ベルリン戦とは異なり、今後に続くようなインパクトは残せず。平均点を下回る出来だった」と綴った。

 また、ゲッツェについてはオーバメヤンのゴールをお膳立てした点は評価したものの「それ以降は異様なくらいに消えていた」との寸評を記した。

 一方、この評価に異議を唱える声も。ファンの1人は「こういう採点が段々馬鹿らしくなってきた」「ゲッツェと香川が4.0なんて。こういう肉弾戦では目立たなかっただけの話で、出来が悪いわけじゃない。何度もボールを受け、パスを出し、2人とも最高の働きをしていた」との書き込みをしている。

 なお、同紙はオンライン上で読者採点も募っており、日本時間8時現在では香川が平均3.7(194人の採点)、ゲッツェが同3.2(195人)、ヴァイグルが同1.6(196人)となっている。

最終更新:10/19(水) 9:44

ISM

スポーツナビ サッカー情報