ここから本文です

パナソニック、宅配便の再配達防止を目指す実証実験開始へ 押印する機能を持った宅配ボックスを活用

ねとらぼ 10/19(水) 8:10配信

 パナソニックが、社会問題化している宅配便の再配達防止を目的とした「宅配ボックス実証実験」を11月に開始することを発表しました。

【画像】押印機能を持った宅配ボックス

 福井県あわら市が取り組む「働く世帯応援プロジェクト」に参画する形で、共働きで生活する100世帯にパナソニックの宅配ボックス「COMBO(コンボ)」を設置。中に入れた荷物の保管、伝票の押印といった機能を備えており、不在時でも宅配物の受け取りが可能になります。

 実証実験は日本郵便、ヤマト運輸の協力のもと、2017年3月末まで行う予定。宅配便の再配達状況を調査した最終結果発表が4月中旬に行われる見込みです。

最終更新:10/19(水) 8:10

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革