ここから本文です

【欧州CL】レアル5発快勝 精彩欠いたCロナ意地の2アシスト

東スポWeb 10/19(水) 11:26配信

【スペイン・マドリード発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節の8試合が18日(日本時間19日)に行われ、F組レアル・マドリード(スペイン)はレギア・ワルシャワ(ポーランド)に5―1で大勝。エースFWクリスチアーノ・ロナウド(31)は無得点だったが、貫禄の2アシストで存在感を示した。

 結果は5得点快勝だったが、どこかすっきりしない試合内容だった。FWベイル、FWベンゼマ、C・ロナウドの「BBCトリオ」で得点を挙げたのは、先制弾のベイルだけ。オウンゴールで2点目を奪ってからは守備がほころび、PKを与えて1点を返された。

 大黒柱のC・ロナウドは激しいマークを受けたわけでもなかったが、精彩を欠いた。3点目のMFアセンシオ、5点目のMFモラタの得点をアシストして格好はつけたが、いずれもシュートチャンスまで持ち込めず、苦しまぎれのパスでの2アシスト。約1か月ぶりにホームのサンチャゴ・ベルナベウで勝利を収めたが、心の底から喜べるものではなかった。

 ジネディーヌ・ジダン監督(44)は「攻撃的なプレーができたことに満足している。我々は常にロナウドに得点してほしいと思っているが、多くのチャンスを作った。4日後(の国内リーグ戦)に決めてくれたらいい」と今後の奮起に期待を寄せた。

最終更新:10/19(水) 11:35

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報