ここから本文です

【農業ワールド16】光で蚊を呼び寄せ撃退する吸引式捕虫器、夏場に売り切れ…スイデン

レスポンス 10/19(水) 12:30配信

誰もがうっとうしく思う蚊、その蚊を画期的に撃退する製品を展示したのが、工場扇のパイオニアであるスイデン(本社・大阪市天王寺区)だ。吸引式捕虫器「NMT-15A1JG」がそれで、今年春に発売したところ、夏場には店頭から製品が消えてしまったという。

[関連写真]

その製品は大きさが幅201mm、奥行き201mm、高さ326mmで、隙間の空いた筒状になっている。蛍光灯の約100倍以上の誘引効果のある光で蚊を寄せ付け、ファンで吸引すると、下部の蓋が開き、そこに蚊を閉じ込めてしまうのだ。しかも、薬剤や煙を使わないので環境や人に優しい。

「蚊以外にも、ハエや蛾、カメムシなどの虫も捕ることができます。朝捕虫器に入ったら夜には乾燥して死んでいます。一度中に入ったら、絶対に逃げられません」と同社関係者は説明する。

価格はオープン価格だが、ホームセンターなどでは7000~8000円で販売されている。同社では今後、機種を増やしていく計画で、さまざまなところで使ってもらおうと考えている。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:10/19(水) 14:12

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]