ここから本文です

トッテナム、ソン・フンミンら不発でドロー グループEは混戦に/CL

ISM 10/19(水) 17:46配信

 チャンピオンズリーグ(以下)は現地時間18日にグループリーグ第3節が行なわれ、グループEではトッテナム(イングランド)が敵地でレヴァークーゼン(ドイツ)と0対0で引き分けた。

 前半ペースを掴んだトッテナムは10分にネットを揺らすも、ラストパスを出したソン・フンミンのオフサイドを取られて得点は認められず。その後のヤンセンのヘッドはクロスバーに阻まれた。対するレヴァークーゼンはエルナンデスが決定機を迎えたが、GKロリスにゴールライン上で防がれゴールならず。試合はそのままスコアレスで終了した。

 同グループのもう1試合では、モナコ(フランス)が敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と1対1で引き分けた。前半に先制を許したモナコは、87分にベルナルド・シウヴァが起死回生の同点弾を決め、敵地で勝ち点1を手にした。

 この結果、グループEでは勝ち点5のモナコが首位で、同4のトッテナムが2位。以下。同3のレヴァークーゼン、同2のCSKAが最下位。首位から最下位までが勝ち点3差のなかにひしめく混戦模様となっている。(STATS-AP)

最終更新:10/19(水) 17:47

ISM

スポーツナビ サッカー情報