ここから本文です

アキツユコ、最新作『EMPTY TALK』からのMV「rain and dew」を公開

CDジャーナル 10/19(水) 17:51配信

 Jim O'Rourke主宰「Moikai」や米名門「Thrill Jockey」、竹村延和主宰「Childisc」などからのリリースで知られる音楽家・アキツユコが、今年5月に行った関西ツアーを皮切りにライヴ会場および一部店舗での販売をスタートした新作『EMPTY TALK』。同作から、収録曲「rain and dew」のミュージック・ビデオがVimeo(vimeo.com/187805857)にて公開されています。

 「rain and dew」は、現代音楽の素地からジャズのニュアンスも伝わる質感が印象的な楽曲。MVは『EMPTY TALK』のカヴァー・アートも手がける画家・松井一平(BREAKfAST, TEASI, LOCH NESS)が制作したもの。幻想的な山形・蔵王“御釜”の風景や雨に打たれる鳩といった映像に、演奏シーンも交えた仕上がりとなっています。

 なおアキツユコは定期的に単独演奏会〈アキツユコの部屋〉を東京・高円寺 円盤にて開催中。次回は11月15日(火)の開催が決定しています。詳しくはオフィシャル・サイト(akitsuyuko.com)にてご確認ください。

最終更新:10/19(水) 17:51

CDジャーナル