ここから本文です

なぜ従業員80人の会社が、新商品を年100種類も出せるのか

ITmedia ビジネスオンライン 10/19(水) 8:13配信

 「上司から『来週までに企画を考えてきてよ』と言われたけれど、いいアイデアなんて浮かばないよ」「新商品を開発したいけれど、ユニークな企画はないかなあ」といった悩みを抱えている人も多いのでは。そんな人に、ご紹介したい企業がある。和歌山県海南市というところに本社を構える「小久保工業所」だ。

【ゆで卵が「ドラえもん」の形に変身】

 「小久保工業所? 聞いたことがないなあ」という人もいらっしゃると思うので、どのような会社なのか簡単にご紹介しよう。会社は1996年に設立し、生活雑貨を中心に製造している。従業員は76人(2016年9月)で、売り上げは約62億円(2016年9月期)。特筆するのは、新商品の多さである。年間で100種類を超えることもありながら、次々にヒット商品を生み出しているのだ。

 どんな商品があるのか。最大のヒット商品は、洗顔時に石けんやフォームを泡立てる「洗顔用泡立てネット」である。2001年に発売したところ、石けんの泡立ちに不満を抱いていた女性の間で話題に。洗面所で見たことがある、という男性もいるだろう。現在でも月に70~80万個売れていて、累計1億個以上売れるほどのメガヒット商品に成長した。

 2016年3月に発売された「宇宙人ソーセージカッター」は、SNS上で話題になった。お弁当でタコやカニの形をしたウインナーを食べたことがある人も多いだろうが、形を整えるのに手間がかかる。包丁で切れ目を入れて、バランスを……といった作業が発生するわけだが、この商品は包丁いらず。本体にソーセージを固定してフタをかぶせるだけで、宇宙人が完成。実際に使った人から「思わず笑ってしまう」「かわいい」といった声が広がり、ヒット商品の仲間入りに。

 このほかにもヒット商品はたくさんある。輪ゴムを1本ずつ取ることができる「どこでも輪ゴム」、ハムを花のような形にできる「ハムカッター」、豆腐に絵が浮き出す「豆腐スタンプ」など。まだまだご紹介したい商品はあるが、ここで疑問がひとつ。なぜ小久保工業所は年間に100種類ほどの商品を開発することができるのか。開発するだけではない。なぜ次々にヒット商品を生み出すことができるのか。その秘密を探るために、同社の小久保好章社長に話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

●脱サラして、いきなりヒット

土肥: 100円ショップやドラッグストアなどの棚を見ていると、「KOKUBO」と書かれた商品がズラリと並んでいます。ゆで卵をキャラクターの形に変えられる、豆腐に醤油をたらすと絵が浮き出る、輪ゴムを1本ずつ取ることができる、といったユニークな商品が多いのですが、どうしてこのようなモノを次々に発売することができるのか。

 ちょっと気になって調べたところ、新商品の数は年間に100種類にのぼるとか。3日に1つくらいのペースで発売されているので、「大きな会社なんだろうなあ」「開発チームに優秀なスタッフがたくさんいるんだろうなあ」と思ったら、従業員は80人足らず、新商品のアイデアは社長が考えることが多いとか。新しい企画を考えるのに苦労しているビジネスパーソンも多いと思うのですが、なぜ小久保さんはそんなにたくさんの商品を生み出すことができるのでしょうか?

小久保: 私は26歳のときに家業の小久保工業所を引き継ぎました。当時の主力商品はロープの糸だったのですが、「新たな企業価値を生み出したいなあ」と考えていたんですよね。

 家業を引き継ぐ前は、靴下や手袋などをつくるメーカーでサラリーマンをしていました。軍手の製造過程で、ゴムを切断した際に出る輪っか状のモノを作業中の女性が髪留めに使っていたんですよ。彼女たちの姿を見たときに「これを商品化することはできないか?」と考えました。実際につくって販売したところ、ものすごく売れました。

 次に、キッチンの三角コーナーに設置する水切りネットを開発しました。いまでは当たり前のようにありますが、当時はどこもつくっていなかったので、発売したところとても売れました。

土肥: 脱サラをされて、いきなりヒット商品が生まれたわけですね。その後も数々の商品を世に送り出すことになるわけですが、そうした商品もアイデアがポーンと浮かんできて、開発していったのでしょうか? それともマーケティング調査をして、この市場にはこうした不満がある、じゃあこういう層にこの商品を売っていこう、といったことをされているのでしょうか?

小久保: マーケティング調査をしたり、市場規模を分析したり、売り上げを見込んだり……といったことはしたことがありません。お店に足を運べば、家庭用品や便利グッズなどがあふれていますよね。こうした商品は誰かが考えたモノなので、「自分でもできる」と思ってやっています。

土肥: 「自分でもできる」と思って、新商品をバンバン開発することできれば誰も苦労しないと思うんです。多くの人は「何かいいアイデアはないかなあ」「売れそうな企画はないかなあ」と悩んでいます。「これは新商品になるかも!」といったアイデアってどうやって見つけているのでしょうか?

●「感性があるか、ないか」かがポイント

小久保: いくつかあるのですが、そのひとつに「感性があるか、ないか」かがポイントかもしれません。

土肥: 感性? もう少し具体的に教えてください。

小久保: 例えば、スーパーに行ったときには何をされていますか?

土肥: 必要な商品を買います。明日食べるパンが必要であれば、パンを買いますし、ビールが必要であれば、ビールを買います。それ以外に何か?

小久保: スーパーの入口あたりに、目につく商品が並んでいますよね。例えば、旬の野菜、果物などが売られています。どんどん進んでいくと、豆腐、卵、牛乳などが販売されています。では、スーパーはなぜ人の目につくところに商品を置いているのか。たくさんの人に購入してもらいたい、またはたくさんの人に売れるからなんですよね。たくさんの人が購入しているのであれば、その商品に関係するモノを開発してみてはいかがでしょうか?

土肥: あ……。

小久保: たくさんの人が購入しているモノ、それに関連する商品を出せば、売れる確率が高くなるのではないでしょうか。お弁当をつくるときに、卵やハムを使う人が多い。じゃあ、それらの商品に関連するモノを開発してみてはどうか。ということで、ゆで卵をキャラクターの形に変えることができる「ゆでたまごっこ」(2014年には「ドラえもん」バージョンを発売)、ハムに押し当てて切れ目を入れ、花のような形ができる「ハムカッター」などを発売したところ、ヒットしました。

 もちろん、アイデアはスーパーだけではありません。カジュアル衣料を扱うショップに足を運べば、その店の入口付近に置いてある商品を研究します。スーパーのときと同じですよね。人の目につくところに置いている商品は、たくさんの人に売れている、または売れるかもしれない。その位置に、タートルネックの商品が並んでいたらどうするか。「タートルネック用のハンガーを開発すれば、消費者は便利になるかもしれない」と考えて、実際に商品化のことを考える。ベストが並んでいたら、ベストにちなんだ商品を考えて、商品化を考えなければいけません。

 なぜ、このような考えをするようになったのか。サラリーマンを辞めて、ヘアアクセサリーや水切りネットなどを開発したところ、それがヒットしたわけですが、漠然とした不安もありました。「このままでいいのか」と。そんなことを考えているときに、ある企業の考え方に出会いました。その会社は、便座カバー、マット、スリッパなどトイレに関連する商品を扱っていて、トイレメーカーが新商品を出すと、それにちなんだモノを開発するんです。新しい便座の形が登場すると、すぐにそれに関連した商品を発売する。そうした手法を見て、自分の会社に取り入れることができるのではないかと考えました。

●みなさん“一生懸命生きている”

土肥: なるほど。スーパーに行けば、何が売られているのか、何が売れているのかに注目する。カジュアルウェアを販売しているショップに行っても、何が売られているのか、何が売れているのかを観察する。こうした「感性」がなければ、新商品はなかなか生まれにくいと。厳しい言い方をすれば、日常生活でぼーっとしていてはいけないと。

小久保: こうした感性はどのようにして磨くことができるのか。「生き方」によって違ってくると思っています。人より1円でもたくさんのお金を使ったかどうか。事業であれ、遊びであれ、いろんなところに行ったかどうか、いろんな人に会ったかどうか、そして、そこでどういったことを感じたのか、考えたのか。見て、聞いて、嗅いで、食べて、触って……人間の五感をフルに活用しなければいけません。

 新しい商品をどんどん開発したり、この商品は売れるかどうかの目利き力があったり――。こうした能力がある人にたくさん出会ってきましたが、みなさん“一生懸命生きている”んですよね。

土肥: なるほど。

小久保: 新商品のヒントは世の中にあふれています。しかし、そのヒントを見つけても実際に行動を起こす人とそうでない人がいます。

土肥: 行動を起こす人とそうでない人って、どのような違いがあるのですか?

小久保: 「勇気があるかないか」だと思います。新商品を出して、それが売れるとします。そうすると、こうした声が必ず聞こえてくるんですよ。「そのアイデアはオレも考えていた。絶対に売れると思った」と。「オレも考えていた」「絶対に売れる」と思っていたのに、なぜ商品化しなかったのか。その人は「絶対に」という言葉を使いながら、どこかに不安を感じていたのではないでしょうか。「ひょっとしたら売れないかもしれない」と。

 新商品を開発するには、投資が必要になります。タダで商品が生まれることはないので、リスクは必ず背負わなければいけません。「絶対に」と言いながら、商品化する人と、そうでない人がいます。そうしたちょっとした「勇気」が、結果に違いが出てくるのではないでしょうか。

土肥: 「オレでもできる」的な発言は、飲み屋で管を巻いているようなものですね。

●デザインもよくなければいけない

小久保: 話は少し変わりますが、よく「この商品のアイデアはいいなあ」と言われます。多くの人は「小久保工業所はアイデア商品をたくさん発売している」と思っているかもしれませんが、個人的には「アイデアだけで売るのは難しい」と思っています。

 例えば、20年前のフェラーリを見てもカッコイイですよね。たぶん、センスのいい人がデザインをされたのでしょう。当社の製品も、20年たっても「オシャレだなあ」と思っていただけるようなモノを目指しています。

土肥: え……それって本気ですか? 失礼な話ですが、そのように見ている人って少ないような(汗)。

小久保: 当社から出している洗濯バサミを見ていただけますか。洗濯バサミは価格競争が厳しい。価格を安くするために、樹脂量を減らして極限まで薄くしているモノが多いんですよね。手元の部分に穴が開いているモノもあります。でも、当社の製品は、逆に膨らませているんです。なぜか。樹脂量が増えるのでそのぶんのコストはかかりますが、手元に穴を空けるよりも膨らませるほうがつかみやすい。手にやさしくフィットする感じがするんですよ。

 ただ、それだけはいけません。つかみやすくても、チカラが弱かったらダメ。次に何をしたのかというと、最もパワーがでる角度を研究しました。少しずつ少しずつ角度を変えながら、最もパワーがでる角度を開発しました。

 つかみやすくてチカラが強いだけはいけません。世の中にある洗濯バサミを見ていると、色やパッケージなどに違いがあっても、どこか昭和の香りがしますよね。そこで「フェラーリのように、20年たってもオシャレを感じられるような選択バサミをつくろう」と考え、この洗濯バサミ「Ramo(ラモ)」シリーズをデザインしました。

●機能、価格、デザイン

土肥: (実際に手にとって)ふむ、確かに、つかみやすいし、チカラもあるし、デザインもこれまでのモノとは違う。

小久保: 高くては売れません、安すぎてもいけません、カッコ悪くてもいけません。日本の高いクオリティでつくって、中国の安い価格に設定して、欧州のセンスのよいデザインにする。機能、価格、デザイン――この3つがうまくかみあわないと、なかなか売れない時代になったのではないでしょうか。

土肥: なるほど。その3つを満たさないと、ヒット商品は生まれにくいと。

小久保: 当社の商品に限ってお話しすると、それだけではありません。

土肥: え、まだあるのですか。それはなんですか……。

(次回、10月26日掲載予定)

最終更新:10/19(水) 8:13

ITmedia ビジネスオンライン