ここから本文です

AppleのクックCEOがヒラリー・クリントン氏の副大統領候補だったことが判明──Wikileaksで

ITmedia ニュース 10/19(水) 10:06配信

 米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の副大統領候補として、米Appleのティム・クックCEOや米Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏の名が挙がっていたことが、内部告発サイトWikileaksが10月10日(現地時間)に公開したクリントン陣営責任者、ジョン・ポデスタ氏が過去にやり取りしたメールで明らかになった。

Wikileaksが公開した「The Podesta Emails」

 Wikileaksはポデスタ氏のアカウントから5万通以上のメールを盗んだとしている。7日と10日に分けて、約4000通のメールを公開した。

 副大統領候補のリストは、ポデスタ氏がクリントン氏のメールアドレス(hdr29@hrcoffice.com)宛に送ったとみられる3月17日付メールのもの。39人の候補が“食品群”別に並んでいる。クック氏とゲイツ氏は、GMのメアリー・バーラCEO、Starbucksのハワード・シュルツ氏、ゲイツ氏の妻であるメリンダ・ゲイツ氏などと同じグループだ。

 クリントン陣営は、最終的にはティム・ケイン上院議員(バージニア州選出)を選んでいる。

 39人の候補リストはこちらで読める。

最終更新:10/19(水) 10:06

ITmedia ニュース