ここから本文です

Kリーグ所属の外国人選手、偽造パスポート使用容疑で調査

WoW!Korea 10/19(水) 14:08配信

韓国プロサッカーリーグ(Kリーグ)江原FC所属のセルジーニョ(28)が、偽造パスポート使用容疑で取り調べを受けていることがわかった。

 江原FC側は19日、「セルジーニョが17日午後、警察庁外事情報課および法務部ソウル出入国移民特殊捜査隊の関係者と共に警察庁へ移動し、2日間の調査を受けている」と明らかにした。

 警察は、セルジーニョが去る2014年6月、ブラジルでシリア国籍を取得する過程で、ブローカーを通して偽造されたパスポートを保有することになったと見ている。外事情報課の関係者は「私文書偽造および偽計による公務執行妨害に該当する」と説明した。

 同件についてセルジーニョは「ブラジル在留当時、あるブローカーから『祖父がシリア系であるため、シリア国籍取得が可能だ』と説明を受けた。以降、ブラジル駐在のシリア大使館より2013年5月にシリア市民権を、2014年6月にシリア旅券を取得した」と陳述している。

 一方、江原FCは、警察調査で明らかとなった状況上、セルジーニョがシリア旅券を取得する過程で、疑惑が存在する点を勘案し、裁判所の判決が出るまで残り試合への出場を見送る方針だ。

最終更新:10/19(水) 14:08

WoW!Korea

なぜ今? 首相主導の働き方改革